SEARCH THIS SITE.
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
OTHERS
夜の小田原で

多々楽達屋さんが、ラスカ小田原店に出店されるという事で、

販売カウンターやレジ台を設置してきた。

 

ハイエース一台に什器を詰め込んで、

スクワットの青木くんと一緒に小田原に出張。

 

閉店後の20:30に作業開始して、23:30までに退館しないといけない

スピード勝負の現場設置。

 

今回もハイエース一台に什器全てを載せられる様に設計したので、

什器は折り畳み式で、現場組み立ての仕様。

少し早めに行って、

駐車場で組み立てだけはやらせてもらった。

 

 

↑あまりに時間がなかったので、施工中の写真は無し。

 完成。

 

↑今回はコーナーが二ヶ所。

 16角形の1/4と丸の組み合わせ。

 コーナーが丸だと、すごく優しく見える。

 

↑店員さん側。

 販売カウンター下部は、折り畳み式なのでオープンになる。

 店専用の段ボールは台車の上に載せてストックする。

 

↑レジ台。

 包装紙、ひきだし、後ろにストック場所、

 色々な機能が詰まっている。

 

↑翌日の風景。

 今回、開店立会いは出来なかったので、

 写真を頂いた。

 

↑朝の短時間で陳列という事で、下の段まで並べられなかったそう。

 製作に苦労した所でもあるので、うまく使っていただきたいなー。

| ウッドパッチワーク | 18:38 | comments(0) | - | pookmark |
ストーリーストリート by Kodawarin こだわりの食べもの、まるっとご満喫

12月1日、

またまた、隠れ家ギャラリーえんの姉妹店『バナナ焼きのパピリカ』さんが、

ストーリーストリート by Kodawarin こだわりの食べもの、まるっとご満喫

というイベントに出店するという事で、

「ゴキソダイチ たき火ピクニック&マルシェ」に続いて、ペレットストーブを持ち込んだ。

 

パピリカさんの付属コンテンツという形で持ち込んだのだけど、

パピリカさんが、設備のトラブルで場所移動になってしまい、

離れ離れで展示した。

 

飲食のイベントなのに、

なんでポツンとペレットストーブを展示実演してるのか?

まあ、そんな不自然な感じはなかったと思うが、

最初は心配しながらの展示だった。

 

 

ストーリーストリート by Kodawarin こだわりの食べもの、まるっとご満喫

略してストストコダワリン、

こだわりんさんが厳選したこだわりの詰まった食べものを集めたマルシェ。

飲食にちなんだ30店舗以上のお店が出店していた。

どれも、美味しそうなものばかり。(全部は食べられなかったので)

第一回目のイベントだったが、

すごく人が集まっていて、賑わっていた。

 

↑展示実演。

 本当はこの隣にパピリカさんがいるはずだった。

 今回から、お湯を沸かす事にした。

 ユニフレームのステンレスケトル。

 いつもキャンプで使っている物。

 

↑各お店をまわるストスト探検。パピリカさんの回。

 黄色い帽子のこだわりんさんが、

 お店のこだわりを説明したり、クイズにしたりして

 お店をアピールしてくれる。

 

↑ウチの所にも来ていただいた。

 こだわり、、、、

 火のある暮らし。

 設置、操作の簡単さや安全さ。

 木質ペレットが森林の健全化につながる事。

 そんな事を簡単に説明させてもらった。

| ペレットストーブ | 16:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ナラのベンチ脚を製作

トワイスさんから、

部品としてのベンチ脚の製作をご依頼いただいた。

 

材料はナラ材で、

6本のテーパーした丸脚と、シェイプされた幕板で構成されたベンチ脚。

 

仕口のおさまりはについては、結構悩んだ。

特に真ん中の脚。

両方からホゾが差さるより、

幕板を通した方が堅牢だと思い、

幕板が丸脚を貫通するおさまりにしてみた。

 

自分の旋盤加工技術と、組み立て工程を鑑みて、

自分なりにおさまりをつけた。

 

 

↑W1800ミリのベンチという事で、脚は6本。

 

↑Φ50の丸脚で、ホゾが短くなるため、

 ボンドを変えたり、隅木を入れて補強したり。

 

↑真ん中の脚は、ゆるく入れて、後で締める。

 脚と脚をつなぐ桟は後付けにて。

 脚を穴だらけにすると強度が下がるかなーと思って。

 

↑初めての本格的な旋盤加工。

 まあなんとかなるもんだ。

 製品としてのクオリティは出せた。

 

| 家具 | 14:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ゴキソダイチ たき火ピクニック&マルシェ

隠れ家ギャラリーえんの姉妹店『バナナ焼きのパピリカ』さんが、

「ゴキソダイチ たき火ピクニック&マルシェ」というイベントに出店するという事で、

キャンピクニックに続いて、ペレットストーブを持ち込んだ。

 

たき火ピクニック&マルシェという事で、

焚き火でソーセージやバームクーヘンを焼いたり、

フード、ドリンク、スイーツのお店、

野菜やキッズのフリーマーケットなんかがあって、

第一回目のイベントなのに、すごく盛り上がっていた。

 

パピリカさんも想像以上に売れた様で、

イベント終了の前に完売してしまっていた。

 

↑通路の一番奥に場所を用意していただいた。

 通路を歩いてくると、視界の真ん中に入る。

 

↑9時から15時まで、ずっと燃やし続けた。

 ペレットストーブを知らない方から、

 ペレットストーブの設置を検討されている方まで、

 様々なお客さんに、

 燃料の事、費用の事、暖かさの事などを説明させてもらった。

 

↑今回のイベント用に製作した切り文字サイン。

 カタカナも添えて、子供からお年寄りまでわかりやすい様に。

 イメージはフラッグを山の頂上に突き刺した感じ。

 木材はもう少し薄い色目の方が良かったかなー、、、。

 ペレットストーブの黒色の前では視認しずらい。

 

ペレットストーブ、

次は2019/12/1にCBCハウジング名駅北で開催されるイベント

ストーリーストリート by Kodawarin こだわりの食べもの、まるっとご満喫

「バナナ焼きのパピリカ」のブースに持ち込む予定。

またまた、えんのマスターと一緒に。

 

| ペレットストーブ | 16:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
キャンピクニック

ペレットストーブのお仕事でタッグを組んでいる

隠れ家ギャラリーえんのマスターが、

キャンピクニックというイベントに出店するという事で、

ちょうど良い機会だからと、ペレットストーブを持ち込んだ。

 

キャンピクニックというイベント、

その名の通り、キャンプとピクニックがテーマ。

いろんな道具やワークショップがあって、

盛り上がっていた。

 

↑まずは、ギャラリーえんの駐車場で試運転。

 モバイルバッテリーでの運転。

 

↑野原において展示、運転。

 興味を持ってくれる人が結構いて、説明も聞いてもらえた。

 こんな展示なので、アウトドア用のストーブと思われた人もいた。

 

↑木工の訓練校時代の同級生に遭遇!

 家族以外で初めて自撮りした。

 

↑ストーブとカートを一体化してあるので、

 撤収作業はそのままコロコロと。

 

ペレットストーブ、

次は2019/11/17に名古屋市昭和区川名で開催されるイベント

ゴキソダイチ たき火ピクニック&マルシェ」の

「バナナ焼きのパピリカ」のブースに持ち込む予定。

こちらも、えんのマスターと一緒に。

| ペレットストーブ | 16:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/113PAGES | >>