SEARCH THIS SITE.
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
OTHERS
札幌へ、出発

札幌のデパートに持っていく什器。

二週間ほどかけて計画して、

二週間ほど時間をかけて製作した。

 

アサノワークス浅野さんの手を借りて、

2人で担当分けしながら製作を進めた。

 

↑工場で製作中。

 

↑製作中。

 

↑ハイエースに積み込み。

 

↑忘れ物のないように、すごく気を使った。

 なにせ遠いので。

 

↑9/28、中津川ソーラー武道館を途中で切り上げて敦賀港へ。

 

↑フェリーに車と一緒に乗り込んだ。

| 家具 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
マンションにB.ウォルナットの家具

マンションの部屋の改装に合わせて、

家具類の設計製図から製作までやらせて頂いた。

 

稲垣材木店さんからご依頼をいただいて、

設計士さんが大まかに描いた家具図をブラッシュアップして、

お施主様への提案と、製作図としても使えるように設計製図した。

で、そのまま仕事仲間と割り振りを決めて、製作に入った。

 

↑工事中。

 白い空間にB.ウォルナットの家具。

 

↑玄関を開けるとシューズボックス。

 上の箱はブレーカーと小収納。

 真ん中は傾斜棚板で見せるシューズ収納。

 下はブーツなどを収納する大きめのスペース。

 

↑ウォークインクローゼット内のネクタイ収納。

 服屋さんさながらの家具。

 

↑オープン!

 すごい数のネクタイを収納できるのだが、

 それだけのネクタイを持っているお施主さんがすごい。

 

↑LDKの入り口にあるワイングラス収納棚。

 壁の凸凹、取り外せないモニターフォンのケーブル、

 いろいろ条件があったけど、無事おさまった。

 

↑框組扉&板扉オープン!

 グラスを照らす照明付き。

 

↑テレビボード。

 無垢天板と、突板の混構造。

 

↑扉は全て下開き。

 真ん中はCD収納、そのほかはLPを収納。

 アンプ、プレーヤー類は、別のオーディオラックに収納する。

 

↑2400x850x40ミリのB.ウォルナットの天板。

 節が10箇所くらい入った荒々しい材料で製作。

 木目もうねりまくっているので、鉋がけに苦労した。

 

↑壁側は箱脚。

 

↑テーブルの横の収納棚。

 

↑こちらはキッチンバックの収納棚。

 この後、白い箱の前に引戸が付く。

 

↑ひきだし&スライドテーブル、オープン。

 中まで真っ白。

| 家具 | 18:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
古材風本棚

製材したまんまの杉の無垢材の木肌を残して本棚を製作した。

 

天板と側板は木肌を残した杉材。

本体の大体は、杉の足場板を板ハギした材で組んである。

 

 

 

 

| 家具 | 19:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
二軸角のみ

座椅子の脚を30ミリ角で組むのだが、

一枚ホゾでは心配なので、二枚ホゾで加工する。

 

そこで便利な「二軸角のみ」。

1工程で2つの穴が掘れる。

 

↑古い道具でございます。

 

↑接着面積は一枚ホゾの倍になる。

 堅牢に接合できる。

| 家具 | 17:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ちょっとまとめて、、、

↑エイジング塗装のテーブル。

 よそ様のデザインなのでアップで、、、。

 

↑壁の穴に、、、

 

↑カウンターをぶっ差し。

 

↑ドライフルーツ屋さんの加工工場内の用具棚。

 

↑引戸はアクリル、扉はフラッシュパネルにて。

| 家具 | 16:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/22PAGES | >>