SEARCH THIS SITE.
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
OTHERS
オークの板戸を吊り込み

アサノワークスさんからのご依頼で、

ショールーム&ショップ様の入口ドアを製作させてもらった。

 

面材は5.5ミリのオーク無垢材。

矯正するため一度ラワンベニヤ合板に貼り付けてから、

プレスで組んだ芯に接着。

 

北側で軒が有るとは言え、屋外の建具となるので、

雨、湿気、反りなど、気を使っている。

足元の芯にヒノキを使ったり、アルミテープを貼ったり。

 

 

↑建具上部、無垢断面とベニヤと芯材。

 穴はコンシールドドアクローザーを埋め込むためのもの。

 

↑今回はドア枠から取り付け。

 既存アルミサッシに、ナラの枠材を被せる。

 サッシの厚み分、枠材に溝を突いてある。

 

↑ドア吊り込み完了。

 足元はステンレスのキックガード。

 

↑店内から。

 

↑建具の大手はステンレスフラットバー。

 

↑コンシールドドアクローザー 。

 鴨居とドアの加工と取り付けが大変な分、

 おさまりはとても美しい。

 でも大変。

| 建具 | 18:24 | comments(0) | - | pookmark |
住宅に建具や棚

トワイスさんからのご依頼を二件つづけて。

 

まずは建具。

玄関から居間に入る扉を、

ちょっとこだわったものに取り替え。

また、少し面白い試みを。

 

シナ合板の無塗装で吊り込んで、

後日、水性ペンキ塗装をお施主さん自身が施工する。

 

打ち合わせの時に、冗談半分でお話ししたら、

それやりたい!という事になった。

 

自分で塗ると、思い入れも大きくなって、

すごくお気に入りのドアになると思う。

 

↑ガラスの種類や大きさ、レバーハンドル、

 お施主さんのご希望通りに。

 

↑ガラスおさえはシンプルに。

 

 

もう一軒は、ナラの収納棚。

以前のローテーブルにつづいての製作。

 

↑扉の中にファンヒーターをしまったり、テレビやプレーヤーのコードを隠したり。

 白い壁にナラの木目、爽やかで明るい雰囲気。

| 建具 | 17:06 | comments(0) | - | pookmark |
ナラの建具、棚板

アサノワークスさんが内装工事を担当された現場に、

ナラの建具や棚板類を取り付けてきた。

 

白い壁、白い天井、

ナラのフローリング、

アルミの金物類。

 

材料や色を絞り込んだ内装なので、

建具家具類もナラとアルミの組み合わせで製作した。

 

 

↑ナラの引き違い戸。

 ナラ突板板目ランダム横目貼り!

 襖がはまっていた三分七の鴨居敷居に、36ミリの板戸を。

 敷居レールで偏心させて、

 鴨居にはアルミチャンネルを入れ込んで、建具を両肩にして納めた。

 

↑クローゼットのドアと、壁に刺さったような棚板。

 建具枠や壁が白く塗られてからの取り付けなので、

 金物加工の際は緊張する。

 

↑クローゼットのドアもナラ突板板目ランダム横目貼り。

 レバーハンドルはWEST製。

 

↑クローゼットのドアの裏側。

 建具の面材とツライチで姿見の鏡を貼り付けてある。

 クローゼット内の棚板もナラ材にて製作。

| 建具 | 17:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
厚進マンション3の続き

追加で頂いた欄間の上開窓を取り付けてきた。

 

 

↑ガラス開口の角がR仕様。

 

↑フリーストップステーで任意の位置で止められる。

 

↑ハンドルの取り付け位置は、右に寄せた。

 お客さんに、「ステーのある右に寄せても良さそうですよ」と進言したら、

 お客さんが「それ良いねー」と言うことになった。

 大抵の方は真ん中以外にする勇気はないので、

 半分冗談半分本気で言ったら、なかなか良い感じに納まった。

| 建具 | 19:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
厚進マンション3

厚進マンションの一室。

ガラス窓の四隅を丸くした建具を吊ってきた。

 

物書きの事務所とリビングを仕切る引き分けの建具。

あえてラワンベニヤ合板で製作してある。

お施主さんがご自身で塗装を施していい感じにする、予定。

 

 

↑リビング側から。

 ガラス窓の四隅を丸くするのは、見た目以上に手間が掛かるのだけれど、

 やはり、丸ならではの柔らかさとノスタルジックな雰囲気がある。

 

↑開けた状態。

 壁のステンドグラス風のガラス装飾が、

 建具の窓の中に綺麗に収まる様にしてある。

 

↑編集室側から。

 壁に張ってある古材木板は、

 リフォーム前、和室だったこの部屋の畳の下に敷いてあった畳下地板。

 普通マンションの畳下地板はカビが生えていることが多いのだけれど、

 ここは幸いカビが生えていなかったそうだ。

 

↑床は、途中までアサノワークスさんがお施主さんに教えながら張って、

 途中から大家さんとお施主さんで張ったらしい。DIY!

 

↑キッチンのタイルもお施主さんのご希望のものを貼ってある。

 DIY?

| 建具 | 15:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/8PAGES | >>