SEARCH THIS SITE.
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< 専門学校の什器 | main | オークの板戸を吊り込み >>
夜の福岡で

多々楽達屋さん、今度は福岡に出店。

 

いつもの様に、

販売カウンターやレジ台をハイエース一台に積み込んで、

デパートの閉店時間に間に合う様に、現場まで出張して、

荷下ろし、搬入、組立、設置。

 

早朝に名古屋を出発して、10時間の道のり。

その後、夜の作業を約4時間、、、

結構キツイ。

スクワットの青ちゃんが付き合ってくれたので、

なんとかやり通せた。

 

↑小田原店のプランをベースに、

 高さと奥行きを調整してある。

 

↑コーナー。

 やはり丸型は回遊しやすく、正面と側面の境目を曖昧にしてくれる。

 

↑カウンターの奥にレジ台。

 

↑カウンター店員さん側。

 多々楽達屋さんの専用ダンボールに合わせて高さ、奥行き、幅を設計してある。

 

↑通路から。

 レジ台の通路側に収納。

 

↑レジ台の収納は、上から

 包装紙大&小、

 ひきだし、

 その下は台車の上にダンボールを積んで在庫を。

 

↑翌朝オープン!

 立ち会えなかったけど。

 

 

せっかく青ちゃんと福岡まで行ったので、

帰りに寄り道。

 

↑厳島神社。

 大鳥居は丸ごと囲ってメンテナンス中。

 

↑社殿も一部改修工事中。

 干潮時の限られた時間の中で、

 複雑な仕口の柱同士を継いで補修していた。

 これからもずっと継続的に補修していくのだろうと、

 平清盛から現在、さらに未来に続いていく「悠久の時」を感じた。

 10時間くらい、なんてことない。

 

| ウッドパッチワーク | 17:25 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする